今月ご紹介する三陽自動車株式会社様は、大阪市住之江区で車検をメインに板金塗装、修理、自動車代理店、損保代理店を行っている自動車整備会社です。

池田啓順社長は福井県で生まれ、高校卒業後に大阪に出てきてこの業界に入りました。昭和47年7月に、タクシー会社の自家整備の工場長となり、任されるようになりました。今でいう外注のような形です。この時、事業を始めた社長と奥中氏、北田氏の三人に陽が当たるようにという意味で、現在の社名の基となる「三陽自動車整備工場」と名付け、昭和59年5月に三陽自動車株式会社となりました。奥中氏が平成11年、北田氏が13年に退職し、創業当時のメンバーは現在池田社長お一人です。

今も現役バリバリで仕事をされている社長には「真摯な紳士」という言葉がぴったりです。言葉遊びかとつっこまれるかもしれませんが、実際社長にお会いし、対応をご覧頂ければ納得されるはずです。趣味はゴルフと磯釣りで、「ゴルフは下手くそです。一緒にラウンドして迷惑ならないぐらいのスコアですよ。」と笑っていらっしゃいましたが、85から90の間でラウンドされるとのこと。また最近はあまり行ってらっしゃらないようですが、46センチ級のグレを釣られたこともあるそうですので、どちらもかなりの腕前のようです。
  
そんな池田社長の他、期待の若手である西田浩二氏、ベテランの西田秋彦氏、事務員の平井さんの4人で頑張っていらっしゃいます。

主に車検等を担当されている浩二さんは、昔はよくバイクに乗っていらしたそうですが、「今は子どもと遊ぶのが一番の楽しみ」とおっしゃる良いお父さんでもあります。

富士火災の保険代理店もされている三陽自動車さんでは、事故対応はもちろん、火災保険、障害保険も扱っていますが、こちらは損保の特級資格を持っていらっしゃる秋彦さんが担当されています。

私が訪問すると、車検に来られたお客様などが2階の椅子に座りコーヒーを飲みながら雑談をされていることがありますが、そのような時に対応されるのは事務員の平井さんです。

会社は住吉川小学校の北側にあり、1階が工場で2階が事務所となっています。

開業当時は周りに何もなく今ほど駐車違反も厳しくなかったため自由に車をとめていましたが、現在は周辺に住宅が建つようになり、事務所の隣にあった休憩所をつぶして自動車置き場にしました。

平成9年の自動車保険自由化以降、自動車整備会社はユーザー車検やディーラーの囲い込み等により大変になっていますが、お客様に安全に車を乗ってもらう為、次に修理しなければならない事項などをしっかりお伝えするよう心がけていらっしゃいます。そして返却時には車外はもちろん、車内、下回りもしっかり清掃してお返しします。

簡易車検の代行もしておりますので、どうぞお気軽にお越し下さい。もちろんハイブリット車にも対応しています。

(取材/担当 望月)


三陽自動車株式会社
大阪市住之江区西加賀屋3−3−5

電話番号 06-6681-4622
担当 池田、西田 

休日 日曜日、祭日